Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
大人ガールkaoliaのガーリーライフ「東京乙女生活」改め「東京乙女ジャーナル」。
毎日のドッキンな出来事をドキドキ感満載でお届けする、
ガールズ必見のガーリー・ブログ。
Profile
Comment
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
罰。
心の“もやもや”が、また少し顔を出した。


頭の半分は理性。半分は感情。
頭ではイケナイと分かっているから、ゆっくりと整理しながら思考をまとめる。
こう言ったら相手はどう思うか?

でも、感情は…
なんでわたしだけがまんするの?
こんな小さな望みもわがままなの?
こんなキモチでいっぱい。


その途端、彼からのクリスマスプレゼントを落としてしまった―――。

感情が乱れてスグに…
信じられないくらい、スグに。


泣いて探しまわったけど見つからない。
何時間も歩いたけど、どこにもない。

一夜にして絶望的な…


忙しい彼が合間をぬって、大切な時間を使って選んでくれたプレゼント。
そのキモチが嬉しくて夢みたいに幸せで…

でもなくなってしまった。ほんの一瞬で…
悲しくて彼に申し訳なくて、叫び出しそう。


あぁ、そうか。
クリアしなきゃいけない壁、“もやもや”を抑えられないわたしに、うってつけの罰が当たったんだと。
まだクリアできてないよってサインなんだと。

“こんなにも大切で嬉しいものを奪われて、どんなに悲しいか…”

そんな悲しく傷つけたのは、わたし。
わたしの“もやもや”が、彼をこんな風に傷つけたんだと…。

大切なことを気付かせてくれた、とても痛い代償。

でも、まだ“物”で良かったのかもしれない。
彼の優しいキモチがこもっている“物”で…

彼を失わないでホントに良かった!

とても凹む罰を受け、痛い思いをした自分。
自分が蒔いた種だから仕方ないこと。

この痛みを忘れないようにしなくてはいけない。

早く“もやもや”を捨て、クリアを目指す。

| ひとりごと。 | comments(0) |
何度繰り返せば気が済むの?
自分がとってもはずかしい。

同じことを何回も繰り返し、一番大切な人を傷つける。
傷つけて、自分も更に傷ついて。

何度も同じ過ちを犯し、何度も同じように傷つけてしまう。

何が一番大事なのかは分かっていても、
常に近くにあるのであれば、それが当たり前に感じてしまい
あれもこれもと欲深くなる。

常に、シンプルに考えて答えを出さねばならないのに、
欲の深いわたしは、肝心なものを見失い、
周りのどーでもいいことに目を輝かせてしまった。

周りは周り。
自分たちは自分たち。

それなのに、比べてみたりして、ほんとバカ。
自分の軸がしっかりとしていないから、ブレてしまう。
何が大事って、みんな大事なのは当たり前じゃない?
なのに全然分かってあげられなかった。

逃げることばかりして、
でもその逃げた先が一番怖いってことも分かってるのにね。


クリアしなきゃいけないステージ。
何度も何度もつまずいてる。
つまずく度に傷つけて、
つまずく度に自分のことが嫌いになる。

客観的に見ようか。
違う目線で見ようか。

少しでもそんな意識があれば良かったのにね。


今回、クリアできなかったら、この先はもう無いと思う。
それくらい繰り返してしまった悪行。

自分は、心から、本当に、そう思えるのか?

本当にそう思える。

そう答えられるまで、少し時間がかかるかもしれない。
でも答えられる自分になりたいから、
少しずつでもいい。歩みを止めずに進んでいきたい。

どうか、どうか、今回こそ。
このステージをクリアさせてください。

わたしの奥底に潜む、黒いものを白いものに変えたい。


ごめんなさい。



JUGEMテーマ:つぶやき。 
| ひとりごと。 | comments(0) |
気付きこそ、自分を成長させるもの。
すっかり元気を取り戻しました〜
晴れだとより元気になりますね


プライベートの深いところ、心の深いところまで話せる友人がいるというのは、
とっても心強いことです。

話すことで気持ちが解放されること、気持ちの整理ができること。
聞いてもらうことで癒されること。

この作業が終わったら、あとは自分とのタイマン!
自分自身でじっくりと考え、結論を出し、先に進むしかありません。
時間がかかっても、とにかく見出すことです。

壁にブチ当たる度にしていた作業。


今回も同じく、海底の奥深くでひっそりと泣き、悩み、うつむいていました。
真っ暗な深海の中にいると、見えないからこそ気付くこともたくさんあります。
それらを気付き、吸収し、浮上するわけです。

海上にはサンサンと輝く太陽があり、美しい空が広がり、いとおしい空間が広がっている。
普段、何も感じずに見ていたものが、きちんと美しく見える。大切だと思える。
そう感じられたら、復活した印でしょうな。


悩まずに楽観的に生きて行けたらいいけど(笑)、やっぱり色々なことがありますよね。
それも生きていく上で大切なこと。
それが自分自身を向上させる勉強となり、優しさを作ると思います。

今回も自分自身のこと、相手のこと、ふたりのこと。
たくさんの気付きを貰えました。

気付くこと、認めること、理解すること。

なかなか難しいけど、自分自身を向上させるため、大切なものを守るため、
日々努力していきたいと思います。

少しでも成長するためにね!




JUGEMテーマ:つぶやき。
| ひとりごと。 | comments(0) |
ありのまま受け入れることも大切。
心に元気のないまま、毎日が過ぎて行きます。

勿体ないよね〜
どうぜ同じ時間を過ごすなら、めいっぱい楽しんで過ごしたいもん。

で、結論。
解せないことは、解さないことにしました(笑)



「大丈夫だよ〜、理解できるよ」なんて言いながら、結局は理解しつつも消化できなかったこと。
消化不良のまま過ごしてきた結果、こんなに大きな穴が空いてしまったーーー(涙)

理解してあげたような風を吹かせていたこと。
理解してあげられなかったという結論が、相手を傷つけること。
理解してあげられない、心の狭い自分も許せず。

そんなことがグルグルしてとても辛い日々でした。
何をしても楽しくないし、何も感じられない。
心身ともに伏目がちって感じの毎日。

そんなシンドイ日々から解放される答えを見つけたのが、連休最終日。

「わたしにはできない」ってことを受け入れることにしました。

受け入れたい気持ちは山々だけど、やっぱりドコか引っ掛かったままだし。
引っ掛かっている自分も嫌だし、状況的にもすごく嫌。

みんなができていたとしても、わたしにはできないこと。
誰にでもそういうことってあるよね?
まさにソレなんです。
なんでできない?って悩んでたところが、まさにソコ。

「わたしにはできない」ってことを認めて、その結論で行くことにした途端、
心の中にかかっていた靄が、一気に晴れた感じ。


できないことを無理に受け入れようとしていた自分。
できない自分に嫌気が差して、ほとほと疲れ切っていた自分。

でも、「できない」ってことを認めたら、
気持ちがとても楽になって、そのことに執着しなくなりました。

「だって無理なんだもん」

それでいいじゃない?

問題の解決にはならないかもしれないけど、物事の見方はガラリ変わった。
自分も楽になったしね。(これで悩んでいる姿を見せずにすむ。ほっ!)

長かったな、今回のトンネル。
まだまだ出口までは遠いけど、光は見えてきた。
そこに向かってゆっくり進みたいと思います。


大切な友人からのたくさんの励まし。
元気付けてくれようと、忙しい最中にも相談に乗ってくれました。
心より感謝!
ありがとう!!




JUGEMテーマ:つぶやき。
| ひとりごと。 | comments(2) |
理性と感情、そのコントロール方法。
わたしの中で何かがハジケ飛んだのが、先週の土曜日。
それからずっとそのことにストレスを感じ、イライラ&悶々としていました。

その場では、「大丈夫だよ」なんて良い人ぶっちゃったけど、
いい人ぶらなければ良かった、と後悔。
こんなに悶々として、結局、時間を置いてから物申しちゃって、、、
最悪ですわ〜オレ!┐(´ー`)┌

相手の立場になって考えてみたら、ギャーギャー言われたらすごく悲しいだろうし。
異議申立てをした所で、変更不可なのは言う前から分かっているから、
最初から何も言わずに「あー、そう」で済ますのが良策。
お互いがマイナスな感情になるようなことは言わなくて正解。


だけど、どうしても譲れないものもあって…。
その場合、自分の中での折り合いのつけ方がとても難しい。

頭では分かっているんだけど、気持ちがついていかない…。
そんなとこ。

客観的に見れば何が良い方法なのかはすぐに分かる。
でも自分が渦中に居ると、感情のコントロールがきかない。

“こんなことも寛容に受けとめられないなんて、あたしゃ心が狭いね〜!”っていう自分と、
“相手が傷ついたとしても(だって自分も十分に傷ついてるし!)、どーしても許せないのっ!”っていう自分。

後者の負のパワーはすぐに増長しますな。
“もしかしたら…”って悪い方に考えたり、過去の出来事も持ち出して憤慨。
あー、いかんいかん!!

比べるものではないのに、比べてしまう。
そして自分が負けていると思い込んで腹を立てる。
やっぱりソッチが良いんだ!って決めつけて、悪い妄想へと加速――。
で、爆発。
自分の中では、もうダメって感じ。


言っていることは分かる。
こうした方がいいことも分かる。
相手を想えば譲れるはず。

相手を想って見てみる。
視野を広げて見てみると、長い目で見てみると、理性の言う事が一番正しい。


だけど、この件に関しては毎度譲ってばかりの自分。
それが一番の良策なのはわかっている。
でも、もう限界。
我慢の袋がパンパンになっていたところに、大きな爆弾。
そりゃハジケるでしょ。

そんな状態でした。


毎度、こんなことばかり。
わたしはこの人のことを本当に好きなのかなぁ?
この人はこんなわたしのドコがいいのかなぁ?
だって、大切にしたいのに傷つけてばかり…
なんて思ったりして。


イライラの根源は、自分自身の中にありました。
自分を愛せない。
自分に自信がない。
だから、他者が出てくるとビクビクしてしまう(自分に自信が無い故に)。

それって相手を信用できてないのかな?
それもやっぱり自分に自信が無い気持ちが作用してると思う。
「信用したいけど、所詮、こんな自分だし」…という卑下した気持ち。


楽しい未来を一緒に築きたいだけなのにね。

相手が楽しいって思って欲しいだけなのにね。
幸せだって感じてもらえたら嬉しいなぁってだけなのに、
ふとした時にエゴが出てきちゃうからさ…

もういい大人なのに、コントロールが上手く出来ないな〜
難しいぜ…。
好きになればなるほど、ね。

JUGEMテーマ:つぶやき。
 
| ひとりごと。 | comments(0) |
| 1/2 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex